快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

1000形 の記事一覧

京急1000形+700形 屋根の塗装#3

2018.10.08 (Mon)
京急1000形 非冷房屋根


大型モニタ屋根を彩色します

技法は前回と同様

明るいグレーを下地、上から濃いグレーを吹き付けて
屋上配管を白マーカー
最後にスミ入れ塗料

続きを読む »

京急1000形+700形 大型モニタの屋根

2018.09.25 (Tue)
京急1000形 大型モニタ屋根11

登場時のスタイルの非冷房車の屋根を作ります


続きを読む »

京急1000形+700形 屋根の話

2018.09.23 (Sun)
京急1000形 マイクロ非冷房改

1000形と700形の混成編成を作っているのは

マイクロエースの中間車2両が余っているので、鉄コレの1000形と連結させよう
鉄コレの背中合わせの初期のユニットに中期の中間車を挟んだ編成を調べていたら
さらに700形のサハを挟んだ編成が良さそう
クロスポイントの700形もあるし、という流れでの着工でした

余っていたマイクロ1000形は分散クーラーの冷房改造車だったのですが、1000形+700形混成編成は非冷房時代
マイクロ1000形を非冷房に改造したつもりだったのですけど…


今回の記事は中間車の2両はFRP製の狭幅のモニタではなくて、登場時の幅広のモニタだったのかな?
と気付いたかもしれない話


先日、鉄コレの先頭車2両をことでん1080形に塗り替えた際、中間車2両が余ってしまっていて
活用法を考えようと調べていたところ

今回の混成編成の1009-1010-1011-1012は
湘南スタイルの2枚窓顔で落成、貫通化工事の際屋根も狭幅モニタに更新されたもよう

ところが、中間の1139-1140は冷房改造工事までオリジナルの幅広モニタのままであったようで
折角改造したマイクロの中間車は間違っていたみたい


うーん、マイクロ1000形を再度幅広モニタに再改造する手もあるんだけど、
ことでん1080形であまった鉄コレ中間車の方が簡単な感じがしたので、

もともとはマイクロ1000形の余っていた中間車の活用が目的だったのに鉄コレと入れ替えることに



続きを読む »

京急1000形+700形 屋根の塗装#2

2015.09.09 (Wed)
京急1000形_非冷房車屋根


明るく塗った非冷房車の屋根ですが、
集中クーラー車の方が感じ良くできたので濃いめのグレーで塗り重ねてみます。

続きを読む »

京急1000形 GM新キット屋根の塗装

2015.08.30 (Sun)
京急1000形GM新キット_屋根塗装2


FRPモニターのついた屋根を塗装し仕上げます。
続きを読む »

京急1000形 GM新キットFRPモニターの装着

2015.08.24 (Mon)
京急1000形GM新キット_FRPモニター2


FRPの幅狭モニターを装着して更新前の姿を作ろうと思います。




続きを読む »

京急1000形 GM新キット床下機器を並べる

2015.08.03 (Mon)
京急1000形GM新キット_5



屋上にモニターを乗せる決心はまだ
付いていませんが、最終グループの床下機器を製作します。

続きを読む »

京急1000形 GM新キットを眺める

2015.07.29 (Wed)
京急1000形GM新キット_2
一体式ボディ新キット/塗装済み板状キット/旧エコノミーキット


京急1000形 GMの3世代を並べてみます。
右から一番古い板状キット運転台窓ガラスがはめ込みになる前のキットです。
真ん中がリニューアルされた板状キット。運転台窓が少しかくばりました。
左が一番新しいボディ一体式のキットです。

窓はまた角に丸みがつきました。
行き先表示器と窓の間が狭くなっています。
縦長だった顔つきが正方形に近くなった印象です。



続きを読む »

京急1000形 旧エコノミーキット屋上配管を修正  

2015.07.25 (Sat)
京急1000形_旧キット屋上配管4


雨樋をへの字に修正したので、調子に乗って誘導無線アンテナやパンタグラフ周辺の配管も修正してみました。




続きを読む »

京急1000形 塗装済み板キット運転士が乗る

2015.07.18 (Sat)
京急1000塗装済みキット 運転士_1

完成が近づいてきた冷房改造車に運転士が乗りました。


続きを読む »

京急1000形 塗装済み板キット車番を決める

2015.07.05 (Sun)
京急1000塗装済みキット ステッカー1


行き先を〔普通〕〔文庫〕行きにして
車番を1167-1168-1171-1172に決定しました。

続きを読む »

京急1000形+700形 連結間隔を合わせる

2015.05.31 (Sun)
1000形+700形_連結間隔_1
↑CP700形 サハ+サハ カトーカプラージャンパー栓付き密連
写真は700形冷房改造車の連結間隔です。

クロスポイントの700形のサハは17.5m級の車体に17m級の床板が付属されていて気持ち床板が短く、台車が車体中央寄りにありオーバーハングが長め。

この為連結間隔がやや狭目です。
続きを読む »

京急1000形+700形 1000形にインレタをする

2015.05.31 (Sun)
1000形+700形_クリア塗装

1009、1010、1011、1012の4両は
GMの新1000形1次車用のインレタから融通しました。

正面の車番(1009、1012)は省略します。

ボディにクリア塗装で好みの仕上がりになりました。

続きを読む »

京急1000形+700形 700形にインレタをする

2015.05.27 (Wed)
京急700形非冷房車_インレタ3

700形の車番は”762”と”764”に決定しました。
クロスポイントのインレタの残りの組み合わせでうまくいきました。


続きを読む »

京急1000形+700形 床下機器の製作#2

2015.05.26 (Tue)
京急1000形_マイクロエース_M2_海χ_2
京急1000形_マイクロエース_M2_山χ_2

先日GMの床下機器の部品から作ったマイクロエースのM1車です。

残りのM2と700形の床下を製作します。

続きを読む »

京急1000形+700形 床下機器の製作

2015.05.17 (Sun)
京急1000形_マイクロエース_M1_海
京急1000形_マイクロエース_M1_山

マイクロエースのM1車です。
(ボディの向きが逆なのは気にしないでください)

鉄コレの4両に対して世代の違うユニットの連結なので多少の床下機器類の違いは気にしないつもりなのですが、抵抗器が車体中央の奥まった位置に付いています。
奥まった抵抗器は川車-三菱車の特徴と思っていたのですが、台車はTS-310です。

何れにしてもM2の方は作らなければならないので、M1も床下機器を見直そうと思います。

続きを読む »

京急1000形+700形 実際にあった編成を調べてみる

2015.05.13 (Wed)
京急700形非冷房車_3

非冷房時には無かった側面方向幕を雑に削ってしまったために周辺の雨樋がなくなってしまったり、バーミリオンが不均一になってしまったり。

できる範囲で修正をしようと
もう一度白帯にマスキングをしてバーミリオンを吹き直しました。

次に車番のインレタをしたいなと思って実際にあった編成を調べてみました。

続きを読む »

京急1000形+700形 屋根の塗装と700形

2015.05.10 (Sun)
京急1000形非冷房車_8

改造したマイクロエースの屋根、それに合わせて鉄コレの屋根も塗装します。


続きを読む »

京急1000形+700形 非冷房化工事

2015.05.09 (Sat)
京急1000形非冷房車_1

写真は鉄道コレクションの1000形です。
TNカプラーとGMのTS310を履いている他は無改造です。誘導無線アンテナもまだ付けていません。

但し、今回の記事はM2の床板を歴史ギャラリー号へ譲ってしまったマイクロエースの冷房改造車の1ユニットを何かに生かそうと思った話です。

続きを読む »

京急歴史ギャラリー号 屋上配管を作る

2015.05.06 (Wed)
京急歴史ギャラリー号 屋上配管_7

マイクロエースのパンタグラフ周辺の配管のレリーフはGMのそれと比べると控えめだったりします。
屋根を塗装した際に元々の塗り分けが潰れてしまい、さらに配管が目立たなくなってしまっていました。

ありがとうギャラリー号が上手くいったので、こちらも金属線での屋上配管を作ってみます。
続きを読む »
 | HOME |  Next »