快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

ストラクチャ の記事一覧

音を出して遊ぼう! なりきり発車ベル その2

2012.11.05 (Mon)
なりきり発車ベルイメージ

先日組み立てたマイクロ電子サービスの「なりきり発車ベル」ケースにいれるのはまだ先になりそうなので、ケースのないまま電池とスイッチを取り付けて音を出してみました。

続きを読む »

音を出して遊ぼう! なりきり発車ベル

2012.10.07 (Sun)
なりきり発車ベル1


今回はマイクロ電子サービスの"なりきり発車ベル8曲ver.”を紹介します。

以前、秋月電子通商で扱っていた2PK400という名のDCモーターコントロールキットを紹介しましたが、今回も電子部品の知識がなくても遊べそうなキットの紹介です。

続きを読む »

1/150 モノレールストラクチャ

2012.04.23 (Mon)
上野モノレール

1/150のストラクチャといえば、鉄道模型メーカの鉄道施設はもちろんグリーンマックスや最近は鉄道コレクションなども
充実してきていますね。

我が家は固定式レイアウトを持っていないので、いつかはという思いはあれど、少しのホームと駅舎しか持ち合わせていませんが、京急に似合うストラクチャって結構あるんですよね。
横須賀をイメージすればずばり1/150の潜水艦なんてのがあったりします。

羽田と言えば、飛行機ですよね。かつてはこちらもずばり1/150のYS-11なんてのがあったらしいのですが、
1/144の旅客機は何種類かあります。
そして、そんな羽田空港にばっちり、京急のライバル東京モノレール1000形というのが、グリーンマックスから発売されています。
走行せずディスプレイモデルなので、ストラクチャに分類されています。
(走行改造されている方は多数いるようですが)
GMお得意の塗装済みボディ一体式キットです。
調べてみて知ったのですが、このキットプラモデルメーカ「FUJIMI」とのコラボレーションだそうで、
FUJIMI版の方は未塗装キットで4両セットと増結中間2両セットと別パッケージになっていて
(GM版は実車と同じ6両セットです)
GM版よりお手軽に手に入ります。 新発売なのかと思ったら、FUJIMIにとっては再販みたいですね。

これはこれで興味があるのですが、今回紹介したいのは、モノレールストラクチャとはいっても、とっても簡単
こんなのもありかもって感じで。

続きを読む »

OS X 用 回路図エディタ Qt-BSch3V

2012.03.08 (Thu)
TRコントローラー1

中学の時に作りかけたトランジスタコントローラー

今はその作り掛けの部品はありますが、回路図がありません。


続きを読む »

VVVF車用コントローラー

2012.03.04 (Sun)
2PK2400 Nコントローラー

PWM制御の簡単・安価なNゲージ用のコントローラーの製作です。

続きを読む »

橋上駅舎 ガラス取り扱い注意 (KATO)

2009.12.27 (Sun)
KATO 橋上駅舎 階段逆

KATOの橋上駅舎 外階段を買ったときの状態と反対側に取り付けることもできます。
息子はうれしさのあまり、反対側にしたいわけではないけど「階段が反対側にあるのも見てみたい。」
変身ロボではありませんが、できる事はやってみたい。
そんなに難しくもないだろうし、階段の左右入れ替えくらいすぐにできるハズ。

続きを読む »

普通のホームと近郊型橋上駅舎 (KATO)

2009.12.25 (Fri)
先の記事でKATOには普通?のホームシリーズ近郊型ホームのシリーズがある事を書きました。

普通のホームにはそれ用の、近郊型には近郊型の駅舎が組み合わせられるようになっているのです。
切った貼ったをすれば、組み合わせは自由でしょうけど、基本的には、近郊型橋上駅舎は近郊型ホームの屋根を取り外して設置することになり、普通のホームは屋根違いで連結します。

本来なら

KATOホーム組み合わせ

こうなりますが、


続きを読む »

橋上駅舎 (KATO近郊型)

2009.12.25 (Fri)
KATO 橋上駅舎
近郊形 橋上駅舎

うちの息子にもサンタクロースがやってきたようです。
サンタへの手紙には、KATOのVいくつだの色々書いてあったのですが、その中で駅も欲しかったようで、線路か駅か絶対もらうと息巻いていたのが、GMの中型駅。今までホームはKATOの島式ホームのセットにカーブに合わせたホームエンドだけで、駅舎なし。
長さも18m級が6両までがちょうどよく12両はおろか8両編成もホームに入りきらなかったので、8両分入るホームと駅ビル状の駅舎を望んでいました。

続きを読む »
 | HOME |