快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

指定期間 の記事一覧

デトからも消える?1000形の面影

2010.06.01 (Tue)
この記事はブロとものみ閲覧できます

黒船電車と253系 YYのりものフェスタ

2010.06.03 (Thu)
この記事はブロとものみ閲覧できます

開港記念日と黒船電車

2010.06.03 (Thu)
この記事はブロとものみ閲覧できます

開港記念日と黒船電車 その2

2010.06.03 (Thu)
この記事はブロとものみ閲覧できます

京急1000形 帰宅途中に狙う

2010.06.04 (Fri)
この記事はブロとものみ閲覧できます

京急1000形 旧エコノミーキットガラスを装着

2010.06.05 (Sat)
京急1000-8

Thank you 1000のヘッドマークを取り付けてみました。
続きを読む »
関連記事

連結間の幌をつくるその3

2010.06.06 (Sun)
実験台を先日完成に近づいた1000形になってもらうので
サブタイトルは「京急1000形新製冷房車4連に幌をつける」です。

紙幌10
続きを読む »
関連記事

連結間の幌をつくるその4

2010.06.08 (Tue)
色付けが上手くいったので、本製作にはいります。


半紙に色をつける

1000形幌1

続きを読む »
関連記事

京急1000形 旧エコノミーキット幌を装着 

2010.06.08 (Tue)
連結間の幌をつくるその4」で作った幌を1000形に装着してみます。

1000形幌8

幌を両面テープで留めます。


続きを読む »
関連記事

あれも欲しい これも欲しい その3

2010.06.09 (Wed)
この記事はブロとものみ閲覧できます

今よみがえる横浜市電の時代

2010.06.09 (Wed)
この記事はブロとものみ閲覧できます

横浜市電保存館にいく

2010.06.14 (Mon)
この記事はブロとものみ閲覧できます

京急1000形を撮りに行く

2010.06.15 (Tue)
この記事はブロとものみ閲覧できます

アートフィルターで撮ってみる

2010.06.15 (Tue)
この記事はブロとものみ閲覧できます

昭和61年の話 京急久里浜工場でのできごと

2010.06.16 (Wed)
この記事はブロとものみ閲覧できます

横浜市営地下鉄1000形

2010.06.21 (Mon)

_6200664.jpg

横浜市営地下鉄1000形なんてのを作ってみます。

続きを読む »
関連記事

特急用電車自由形 1日目

2010.06.21 (Mon)
フリースタイル特急1

息子がつくる第3弾です。今回は元ネタなしの空想の特急用車両だそうです。

GMのエコノミーキットをひとつ買ってあげる。改造したい場合は家にあるジャンクストックの中から選ぶという条件の中から、手にしたのは

続きを読む »
関連記事

京成3700形 床下機器から

2010.06.23 (Wed)
京成3700形と北総7300形の塗装済みキットを手がけています。
特に塗装済みなので、床下機器とか一部だけ塗装すてばある程度完成するのですが、例によって、床下機器だけなんとなく組み立てて、放置されています。

床下機器E
床下機器E

GMの京成3700形キットと北総7300形キットの床下機器パーツです。

続きを読む »
関連記事

GM新動力ユニットと台車枠

2010.06.23 (Wed)
18m級のGM新動力ユニットを一つ手に入れる事が出来ました。

7300形GM新動力ユニット


京成3700形キット、北総7300形キット、共に動力ユニットは従来型がセットになっています。
完成品用の新動力ユニットに切り替えていけばいいのにとは思うのですが、この新しいタイプの動力ユニットは通常では販売していません。
クロスポイントの販売で在庫があれば辛うじて入手できるようです。


続きを読む »
関連記事

北総7300形その1

2010.06.23 (Wed)
以前の記事で、GMの新型動力ユニットをひとつ手に入れたお話をしましたが、
新型ユニットは窓中がすっきりする反面、床下機器が従来型の様に自由にできません。
そこで、なんとなく使えそうな京急Tpuを装着したのですが、
その前に京成3700形で製作した床下機器だと動力ユニットの1両だけ床下が合いません。

そこで、こちらの編成は新たに奮発して床下機器パーツを別途用意する事にしました。

準備されたのはこちらのパーツ
床下機器4059A 床下機器S
床下機器4059A       床下機器S
この2種類を3つづつと動力ユニットに合わせた、T車用Tpuをひとつ




続きを読む »
 | HOME |  Next »