快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

指定期間 の記事一覧

京急1000形 塗装済み板キットモニタを装着

2010.12.02 (Thu)
京急1000塗装済みキット クーラー・モニター取り付け1

もうリニューアルキットも発売されていますが、
従来のGM塗装済みキットに分散クーラーとモニタを載せてみます。

続きを読む »
関連記事

北総7260形 その1 阪神通勤車キットから作る

2010.12.05 (Sun)
北総7250 1




北総7260形です。

これはGMの阪神通勤車エコノミーキットがGMのカタログで京成3300形に改造できるよと紹介されているので、
それなら、京成より頻繁に京急に乗り入れてきて馴染みの深い北総7250形を作ってみようと思い立ったのが始まりです。

続きを読む »
関連記事

鉄がサッカーファンになったお話

2010.12.06 (Mon)
去る12月4日は鉄道系のニュースや他の方のブログを見る限り、「都営地下鉄開業50周年記念フェスタin浅草線」や、「京急1000形+クト2が本線走行」などあったらしく京急&1435mmの仲間たちは大変賑わっていたようです。

そんな土曜日私は何をしていたかといいますと、

例えていうならば、

「鉄道ファンではない普通の親子がちょっとした機会に地元の京急に乗りにきたら、
たまたまその日は、京急1000形さよなら運転の日で電車の型式なんてちっとも知らないのに、熱狂的なファンに混じってその特別列車に乗ってしまった。」
ような感じ。


ちょっとした機会とは、小学校で配った「親子で見に行こう横浜マリノス」のちらし。
たまたまその日というのは、今年のホーム試合の最終日だったそうだ。

そして、私はサッカーにはあまり詳しくなく、スタジアムでサッカー観戦をしたことは今までなかった。
私が知っているといえば、

マリノスには
中村俊輔選手 マリノス

ナカムラシュンスケがいるということぐらい。

続きを読む »
関連記事

京成3700形 その2

2010.12.06 (Mon)
京成3700形床下M2改山側改
M2山側


3700形の床下機器に小変更







続きを読む »
関連記事

京急700形 シートを載せる

2010.12.15 (Wed)
思いつくままに、製作しています。

CP7デハ700シート

今回はクロスポイントの京急700形にシートをつけてみました。
続きを読む »
関連記事

京急700形 シートに着色

2010.12.16 (Thu)
前回 簡単に作ったシートに色を塗ってみる。

CP7デハ700シート 塗装

続きを読む »
関連記事

鉄コレからも京急1000形だそうで

2010.12.23 (Thu)
ここしばらく、模型的に何もしてなかったわけではないのですが、

ちょっと積極的に写真を撮ったりするのが面倒でブログを更新していませんでした。

とはいえ、WEB散策はしていたので、気になった情報をご紹介。

年末30日から年始の4日まで、上大岡の京急百貨店7Fの催事場で京急鉄道フェアがあるのは
既に他の方々が記事にしたのではないでしょうか、御存知の方も多いのでは?

私も催しは知っていたのですが、正直 鉄道アイドルのトークショーとかにあまり興味を示せず、
比較的近くではあるものの、あえて込み合う所に行く事も無かろうという感じだったのですが・・・


鉄道コレクションにして京急1000形2両セットなるのものが限定発売されるという案内を見てしまうと
話は別。

鉄道コレクションって今まで、どうしてか京急を扱ったシリーズは無かったですよね?
(もちろん、ない方がどれもこれも欲しくなってしまうので良いのですが)

そんな鉄コレから先日引退した京急1000形だそうです。
百貨店の催事場の案内に小さな写真は掲載されています。
(イベントカレンダーの今週来週の催事情報内の7F催事場情報)

どうも、冷房改造車の先頭車同士の2両セットのように見えます。
写真は2両とも左頭に並べてあるようなので、一瞬車端にパンタグラフがあるようにも見えますが。

数量限定5000セット、お一人様6セットまでだそうで、(まぁせいぜい2セットで十分だと思うけど)
取りあえず、会場限定でしょうかね?

落ち着いたら、エキナカで売って欲しいものです。
サラリーマンが駅で鉄コレ買うのもどう映るかわかりませんけど。


と、WEB散策をしていたのですが、そのさなか鉄コレやBトレを改造しているような方々のブログで
「ハイパーカットソー」なるノコの記事を見つけたもので、なんぞや?と調べてみた訳です。

まぁなんせ 今評判の優れもので、品切れ続出見つけたら即買いしとけ的な一品だそうなんですが、
今話題の「あたらしいみかんのむき方」のような


私が使っているのは「レザーゾー」と呼ばれるノコ。

レザーソー

これも、かつてのGMカタログに紹介してあって、GMキットで模型作りの志す者、これを入手すべしとあり、
仰せのままに模型店にいって、カタログに書いてあった通り、刃だけで柄はいらぬと買ってきたものです。

その数十年前に買ってきたのが写真の上のノコ

実家からでた関係でしばらく行方知れずになってしまったので、買い直したのが下のノコ。
昔のを探し当てたので比べてみたら、あれあれなんだ、同じものと思っていたのに全然違う代物でした。

刃の大きさはもちろん、上のはアサリはありませんが、下のは普通のノコです。


結局この使いやすいこのノコは今はどこにいけば巡り会えるのか?
名前も本当に「レザーソー」なのか?

今、「レザーゾー」で検索をかけるとこれではなく、ちがうタイプがヒットするし。

と思っていたら、ものは違うが、この「ハイパーカットソー」

どうだろうか?






鉄道と模型のブログはこちらから
京急線   鉄道模型   車両加工
関連記事

京成3700形 その3

2010.12.23 (Thu)
この京成3700形は、これとは別に北総7300形も製作しているので、ヘッドライトが上部にある、マイナーチェンジ後を作りたい。

実際、3700形はマイナー後の方がスマートだと思う。

さて、3700形の模型で表現する上でのマイナー前後の違いとは?

・前面デザインの変更
・パンタグラフのシングルアーム
・妻窓の廃止
・貫通ドアの形状変更

主にこんなところだろうか?

前面デザインはGMの付属ステッカーの貼り方でマイナー後を表現する仕様のようなので、
そのままやってみようかなと。

パンタグラフはこんな感じに。

京成3700形 パンタグラフ

続きを読む »
関連記事

京成3700形 その4

2010.12.25 (Sat)
今回は、一歩前進というより、若干後退ぎみというかトラブルなのだ

前面のガラスは工夫しないと、ガラスパーツの厚みのところが意外と目立ち、しまりがないのは以前記したとおり。
そこで、どこをどう黒く塗ろうか検討しようと、なんどかガラスパーツの仮つけ、取り外しを繰り返したところ、

京成3700形 トラブル

前面がかなり細かく砕け散った。

続きを読む »
関連記事

フィンランドからやって来たらしい奴ら

2010.12.26 (Sun)
今年も、フィンランド方面からゲストがやって来たようです。

バースデートーマス

おしゃれトーマスさんと

Bトレ NEW SKYLINER


少し短めのスカイライナーさん。


トーマスさんはともかく、北欧までNEW SKYLINERの人気が伝わったのでしょうか?

キットも良くできています。
小学2年生の息子も1人で1日で組み立てられました。
以前 一人でチャレンジした時よりだいぶ手際よく作っていました

息子が成長したのか、Bトレが成長したのか?






鉄道と模型のブログはこちらから
京急線   鉄道模型   車両加工
関連記事

京成3700形 その5

2010.12.28 (Tue)
京成3700形 シート塗装


床板とシートが塗ってあるので紹介。見ての通り、ベージュの床に、赤いシート、青い優先席
それはきれいに塗るにこしたことはないが、こんな簡単な塗り方でもあまり問題ない。



続きを読む »
関連記事

鉄道コレクション 京急1000形

2010.12.30 (Thu)
鉄コレ 京急1000形 1


先日の記事で、先頭車2両セットでは?と書いてしまいましたが、先頭車、中間車の2両セットでした。
なので、ディスプレイ目的でない方は、2セットで最小編成になります。
続きを読む »
関連記事

京急鉄道フェア@上大岡

2010.12.30 (Thu)
先の速報のとおり、京急上大岡で開催している「京急鉄道フェア」に理由をつけてお出かけしてきました。

京急鉄道フェアには”京急カレンダー”を求めについでに、京急1000形の鉄コレも買ってしまうかもしれませんが。


予め分かっていたように、鉄道アイドルさん達のトークショー、鉄道グッズの販売、それに巨大ジオラマ Nゲージ鉄道模型運転会。

会場につくとトークショー会場はパーテーションで仕切られた向こう側に、フリースペースの半分がグッズ売り場でした。グッズはもしかしたら掘り出し物もあったかも知れませんが、今回は見ないことにします。
トークショーの整理券もどうぞいかがですか?と誘われたので、整理券を奪い合うほどのようなことではないらしい。

さて、巨大ジオラマの方は確かに大きい。

京急鉄道フェア 1
画角に収まらなかったのだがこれは全体の半分写真の右側にもう半分。

京急鉄道フェア 3
ここは品川駅。 説明がなくとも品川と分かる出来だ。

京急鉄道フェア 2
ここは羽田空港エリア 空港の地下を走る感じを透明のトンネルで表現している。

京急鉄道フェア 4
こちらは、三浦半島のイメージだと思う。特徴的な建物は無いがトンネルや海を望む。

京急鉄道フェア 6
品川と三浦を結ぶ途中には、ここ上大岡駅 と

京急鉄道フェア 5
一番馴染みの横浜駅。

さすがに、横浜はこれがモアーズでこれがシャル、ジョイナスに高島屋と。

その京急ジオラマの外側には新幹線が走る。

もちろん、有料だが、これらのジオラマは運転ができる。
初級コースは大外の新幹線 外回り、内回りの2席
中級コースは京急空港エリアと三浦エリアの2席
そして、上級コースは品川、横浜、上大岡を回る本線が上下2席。

初、中、上級はNゲージのコントローラーの種類の違い。それぞれ100円で3分ほど運転できる。

全ての運転できる車両は先頭にカメラが付いていて、運転席から、走行する景色が見える。
 というより、ジオラマが大きいので特に上級コースは自分が運転する車両が殆ど見えない。
カメラの調子が完全ではなく、外からも車載からも見えない時があるのは残念。


他にも、HOの模型が飾られていたりも。

今現在、この会場だけで売られている、”鉄道コレクション京急1000形”は今日は、「並ばずにお買い求め頂けます」と言う感じでした。売り場の後ろには段ボール箱が何個も積み重ねてありましたが、きっとあれが5000個前部ではなく、今日の分でしょう。
フェア最終日まで在庫してるかどうかは分かりませんが、そんなに即完売でも無さそうな気はします。

とは言っても、ちょっと眺めていると、結構6セット購入の方もいるもんで、中には6セットずつ買っているのか、12セットとか18セットとか。

いやきっと一般販売しますよ↑そのうち。


さて、肝心の京急カレンダーなのだが、見回しても見つける事が叶わず、係の人に聞いてみたのだが、
今回フェアでは扱っていないので、5Fの玩具売り場で扱っているということで、

手に入れたのは 
京急イラストカレンダー

この卓上カレンダー。
欲しかったのはこっち京急卓上カレンダーだったのだが

このイラストカレンダーもなかなか良い。
なんで表紙が京急のアイドルブルースカイトレインや最新のステンレスじゃないんだろう?と思ったら、

表紙を飾る2000形の車番は2011号でした。






鉄道と模型のブログはこちらから
京急線   鉄道模型   鉄道写真
関連記事
 | HOME |