快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

指定期間 の記事一覧

横浜市営地下鉄1000形その5

2012.07.08 (Sun)
横浜市営地下鉄17


当初は作る手間とか材料とかの問題で、3輛編成での完成を目指していたのですが、
床下機器を配置していると、動力は抵抗器のついた中間M車に入れたくなり、
5輛編成か6輛編成がいいような気がしてきた。

もちろん、私が馴染みがあるのは6輛編成だ。

ということで、GMの東急8500系エコノミーキットを一つ入手できたので、
中間車3両を追加することに。

続きを読む »
関連記事

旧万世橋駅 再整備へ 気になるニュース

2012.07.08 (Sun)
この記事はブロとものみ閲覧できます
関連記事

東横線でメトロの10000系を見たよ!

2012.07.09 (Mon)
この記事はブロとものみ閲覧できます
関連記事

横浜市営地下鉄1000形その6

2012.07.15 (Sun)

GMのカタログで見た限りは阪急ミンデンタイプが似てるかなと思っていたのだけど、GMのカタログの掲載はかなり古く、
模型店に行くとかなりの種類が売っているようなので、模型店で見ながら選ぼう。

横浜市営地下鉄20

続きを読む »
関連記事

集電靴 配置の謎

2012.07.16 (Mon)
この記事はブロとものみ閲覧できます
関連記事

横浜市営地下鉄1000形その7

2012.07.21 (Sat)
先週勇んで終電靴付き台車"FS309"を6両分揃えてはみたものの、どうも結論としては
集電靴は2両分で良かったような話をした。

FS309は集電機能のない従来からのピン止め台車と
集電機能のあるビス止め台車とがあって、集電機能付きは床板とのセットだったのだけれども
この集電機能付き台車/床板セットを5両分揃えてしまったと言う事なのだ。

集電靴付きは2両のみで残り4両は普通の台車だったとしても、
室内灯を将来望むならば、集電機能付きの床板は無駄にはならんだろうと思っていたのだが

その集電機能付き床板、ボディに仮組しようとしたら、ボディに対して
その新しい床板の方が0.5mmほどだが幅が広いのだ

嫌な予感がして新動力ユニットを仮組しようとすると、これも
0.5mmくらい幅が広いのだ。

京急1000形の板キットは問題なかったのに。

たかが0.5mmほどなのだが、どうにもだ。新動力ユニットは削り代はない

結局、動力ユニットは従来型を。床板は前々回に作った物を生かすことに。
そして、集電機能付き台車と床板は諦めることにした。




思いつきで買い物をしてもいい結果はでないようだ。


関連記事

横浜市営地下鉄1000形その8

2012.07.22 (Sun)
横浜市営地下鉄23


週末は少し出かけたのもあり、前回の記事でお伝えした通り、若干後退したのもあり



真っ白の前面は形が把握しにくいので、ちょっと色を塗ってみましたの回
ヘッドライトのベースと、非常口の表現を試してみました。

続きを読む »
関連記事
 | HOME |