快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

指定期間 の記事一覧

三岐鉄道北勢線 旧三重交通カラーを撮る

2015.05.02 (Sat)
この記事はブロとものみ閲覧できます

北勢線 めがね橋とねじり橋

2015.05.02 (Sat)
この記事はブロとものみ閲覧できます

さらに北勢線

2015.05.02 (Sat)
この記事はブロとものみ閲覧できます

三岐鉄道北勢線の旅 動画編

2015.05.02 (Sat)
この記事はブロとものみ閲覧できます

近鉄 桑名〜名古屋

2015.05.03 (Sun)
この記事はブロとものみ閲覧できます

東山動物園『スカイビュートレイン』

2015.05.04 (Mon)
この記事はブロとものみ閲覧できます

京急1000形 塗装済み板キットTNカプラーの選択

2015.05.04 (Mon)
京急1000塗装済みキット TNカプラー4

京急1000形を作るにあたって、どの時代、どのタイプという選択はすごく難しいと思います。
私にとってのヒーローは細かい分類はさておき分散クーラー、OK台車、そして品川寄りにジャンパー栓をづらっと下げたNCB-II時代だったりします。

続きを読む »
関連記事

京急歴史ギャラリー号 屋上配管を作る

2015.05.06 (Wed)
京急歴史ギャラリー号 屋上配管_7

マイクロエースのパンタグラフ周辺の配管のレリーフはGMのそれと比べると控えめだったりします。
屋根を塗装した際に元々の塗り分けが潰れてしまい、さらに配管が目立たなくなってしまっていました。

ありがとうギャラリー号が上手くいったので、こちらも金属線での屋上配管を作ってみます。
続きを読む »
関連記事

近江鉄道ミュージアム

2015.05.08 (Fri)
この記事はブロとものみ閲覧できます

近江鉄道ミュージアム 電気機関車編

2015.05.08 (Fri)
この記事はブロとものみ閲覧できます

近江鉄道ミュージアム 220形電車編

2015.05.08 (Fri)
この記事はブロとものみ閲覧できます

彦根ご城下巡回バス

2015.05.09 (Sat)
この記事はブロとものみ閲覧できます

京急1000形+700形 非冷房化工事

2015.05.09 (Sat)
京急1000形非冷房車_1

写真は鉄道コレクションの1000形です。
TNカプラーとGMのTS310を履いている他は無改造です。誘導無線アンテナもまだ付けていません。

但し、今回の記事はM2の床板を歴史ギャラリー号へ譲ってしまったマイクロエースの冷房改造車の1ユニットを何かに生かそうと思った話です。

続きを読む »
関連記事

京急1000形+700形 屋根の塗装と700形

2015.05.10 (Sun)
京急1000形非冷房車_8

改造したマイクロエースの屋根、それに合わせて鉄コレの屋根も塗装します。


続きを読む »
関連記事

京急1000形+700形 実際にあった編成を調べてみる

2015.05.13 (Wed)
京急700形非冷房車_3

非冷房時には無かった側面方向幕を雑に削ってしまったために周辺の雨樋がなくなってしまったり、バーミリオンが不均一になってしまったり。

できる範囲で修正をしようと
もう一度白帯にマスキングをしてバーミリオンを吹き直しました。

次に車番のインレタをしたいなと思って実際にあった編成を調べてみました。

続きを読む »
関連記事

京急1000形+700形 床下機器の製作

2015.05.17 (Sun)
京急1000形_マイクロエース_M1_海
京急1000形_マイクロエース_M1_山

マイクロエースのM1車です。
(ボディの向きが逆なのは気にしないでください)

鉄コレの4両に対して世代の違うユニットの連結なので多少の床下機器類の違いは気にしないつもりなのですが、抵抗器が車体中央の奥まった位置に付いています。
奥まった抵抗器は川車-三菱車の特徴と思っていたのですが、台車はTS-310です。

何れにしてもM2の方は作らなければならないので、M1も床下機器を見直そうと思います。

続きを読む »
関連記事

京急ファミリー鉄道フェスタ2015

2015.05.25 (Mon)
この記事はブロとものみ閲覧できます

京急ファミリー鉄道フェスタ2015 その2

2015.05.25 (Mon)
この記事はブロとものみ閲覧できます

京急ファミリー鉄道フェスタ2015 その3

2015.05.25 (Mon)
この記事はブロとものみ閲覧できます

京急ファミリー鉄道フェスタ2015 その4

2015.05.26 (Tue)
この記事はブロとものみ閲覧できます
 | HOME |  Next »