快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

北総9000形 動力ユニット

2018.02.18 (Sun)
北総9000形_動力ユニット_4

動力ユニットは鉄道コレクションの18m級を選択します
幅が実測で1mm狭かったので0.5mm厚のプラ板を両側に貼ります。
このプラ板がボディのガラスパーツの下端に当たって車高を決めるのですが、
ユニットボディの高さとぴったりでちょうどいい高さでした。

北総9000形_動力ユニット_1

台車のレリーフはGMの台車を切り取り貼り付けます。
床下機器類もGMのを足を切って瞬間接着剤で芋付けします。
タミヤのXF-22 RLMグレイを筆塗りして、軽くスミ入れ塗料ブラック
カプラーはカトーカプラージャンパー栓付きを
鉄コレのカプラー延長パーツに押し込んで接着しています。

北総9000形_動力ユニット_2

北総9000形_動力ユニット_3

2号車、7号車の床下機器類を予め鉄コレの動力ユニットに貼り付けを考えてチョイスしていたので
今回はあまり苦労せず、4号車の床下が完成。



関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック