快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

京急1000形 塗装済み板キット箱組みする(動力車)

2010.01.08 (Fri)
京急1000塗装済みキット動力リブ

動力ユニット用の中間車を箱組します。

実際仮組みしてみないと、リブの高さが分からなかったので、先に箱組をしました。
案の定こちらも屋根の方が長さが長く、調整しないと載せられませんでした。

京急1000塗装済みキット動力ユニット

動力ユニットの台枠もこのキットに対しては長く、両端をダイキャスト付近まで落とします。
(組んでみたら、後0.5mmずつくらい残しても良かったみたいです)

実測したところ、動力ユニットの台枠の上面がボディのガラス接着の段差ラインの1mm下が丁度いいようです。
動力ユニットは台枠とダイキャストとの幅の差も丁度1mmです。
結果として、ガラス段差ラインに合わせ1mm角のプラ棒を接着すればいいと言う事でした。
はじめから分かっていれば、これも組み立て前に接着するのが楽です。

ユニットの位置決め用リブなので、車長一杯に1本リブを接着しても良かったのですが、T車に合わせ、ロングシートの寸法に合わせて15mm-25mm-25mm-15mmの小分けに配置しました。
ただ、殆ど見えてこないので、現状では青くは塗っていません。

京急1000塗装済みキット動力ユニット海
京急1000塗装済みキット動力ユニット山

車高も丁度いいようです。

但し、動力ユニットのカプラーポケットが妻下部と干渉してしまい台車の首が振れない状態です。

京急1000塗装済みキット動力ユニット 比較

GMの動力ユニットはT台車に比べカプラーポケットが長い困り者なのですが、このキットに使う場合、ホイールベースも長くなってしまいます。
(GM18m級って何に寸法を合わせているのだろう?)

このままでは、ポケットの干渉を解決しても、トンでもない連結間隔になってしまいそうです。





関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック