快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

400形 その1

2018.12.06 (Thu)
TM-05 17A

今回は京急400形(デワ40形の元になった形式です)を作るなら、
床板の寸法はどうしよう?というお話です。
完成とも未完成とも言える状態ですが、
東急キットからデワ40形と400形の420グループ(以下420形)を製作しています

最初に作ったのがデワ40形でボディはほぼ東急キットのままの状態で
オーバーハングの長い京急の車両を表現するのに足回りは17m級の床板と動力ユニットをチョイスしています

420形はシルヘッダーを削ったり、戸袋窓をHゴム風にしたりして製作しましたが、420形の実車は元になった車両の問題で実際には17.5m級の車体長しかなく、本来はデワ40形よりボディが短いのが本当です。
その辺の作り分けは難しいと思ったので、車体長はそのままですが、動力をいれるつもりが無かったので市販の動力ユニットの寸法に合わせる必要がなく車体とのバランスを見て台車間の距離を75mmで仕上げました

本来なら
デワ40形は台車間が11200mm 1/150で74.66mm
420形が10700mm 1/150で71.33mm

鉄コレの動力ユニットの寸法を参考にするなら
17m級が73.4mm
16m級が70mm

デワ40形は17m級ユニットでちょうど良く、420形はボディを寸法通りつくるなら16m級でちょうど良い感じです。
製作中の420形は75mmで、73mmで作っているデワ40形より長いのはおかしいのですが
ボディが東急キットのままなので、ここは目を瞑ることにします



さて、420形に連結させる400形を製作しようと思ったら足廻りの寸法はどうしよう?
実際420形の方が寸法に目を瞑っているので、400形も目くじらを立てる必要はないのですが、
動力ユニットは18m級?17m級どちらをチョイスしよう?

18m級のユニットは台車間の距離が80mmです
18m級の方が420形と連結させた時、相対的に420形の方が短く見えるかも
もともとキットも18m級なので工作も楽でしょうし
その代わりオーバーハングの長い特徴は再現できません

やはり、420形の寸法のエラーは無視して17m級をチョイスしようかなと

店頭で日車Dタイプの台車を探したのですが見つけたのは
DT-11(グレー)No.5046-1
GM台車も以前とは名称変更しているので、日車DタイプもDT-11と名を変えたのかな?と勘違いをして
日車DタイプとDT-11が別の台車だと気がつかず購入

DT11ー日車D
左DT-11 右日車Dタイプ

細かくみればディティールも違うのですが、根本的に軸距が違う。

鉄コレの動力ユニットだと
TM-05R <17m級A>は軸距約14mm
TM-07R <17m級B>は軸距約15.4mm

実車だと資料により軸距2100mmと書いてあるものと軸距2300mmと書いてあるものとある
1/150にするとそれぞれ14mmと15.33mm

まぁこれだとどちらもありえる感じ
TM-07R <17m級B>はDT-11の台車枠も付属しているのもあってこちらを購入

ところが、開封してみると明らかに車輪径が大きい
トミーテックのHPには他と同じ車輪径5.6mmと書いてあるのにパッケージには6mmって

でも以前に旧国用に買ったのは車輪径は大きくありません(多分TM-07)
なんか色々仕様変更しているのですね

TM-07R 17B DT11
TM-07R <17m級B> 軸距約15.4mm 台車間距離約73.4mm 車輪径6.0mm

TM-07 17B DT11
TM-07 <17m級B> 軸距約15.4mm 台車間距離約73.4mm 車輪径5.6mm

TM-05 17A 日車D
TM-05 <17m級A> 軸距約14mm 台車間距離約73.4mm 車輪径5.6mm
台車枠はGM台車を貼り付け


色々考えた末に
・デワ40形用に製作していた足回りを400形に転用(TM-05+日車Dタイプ)
・旧国用に確保していたTM-07をデワ40形に転用(TM-07+DT11)
・旧国にはTM-07Rを

日本のサグラダファミリア・横浜駅と同様
私の模型も一向に完成しません



関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック