快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

京急600タイプ リニューアル

2010.02.02 (Tue)
600 type リニュカラー


600タイプのブルースカイトレインをリニューアルすることにしました。

これは最初期の作品でボディの基本的な組み立ては20数年前
数年前にBトレの前面をくっつけて、ブルーに塗ったものですが、塗装そのものも、模型製作再開の初期で水性カラーを筆で塗ったものです。
そもそも筆塗りなのでごてごてなのに加え、水性カラーのせいか否か乾燥後も触るたびに指紋の痕がつき、さらにろくにマスキングもせず、屋根を濃いグレーでウェザリングしたものだから、なんだから黒ずんでしまい、当初はこれで満足していたものの、2000形ブルースカイトレインの完成に伴い小汚い印象が拭えなかったわけです。

まず、筆塗りに筆塗りを重ねてモールドがつぶれかけたクーラーを取り外す事にしました。
600 type リニュクーラー

その後、凸凹になっている屋根に#400のペーパーを掛けました。
クーラー以外の小部品は外していないので、部分的にですが。

そんで、ボディも#1200のペーパーで軽くこすります。
こっちも重ねに重ねてるので、軽くこすったくらいでは全然大丈夫。

ステッカーは剥がさないので、窓下と肩のあたりだけですけど。

600 type リニュカラー 2

また、青を筆塗りします。
塗料はよせば良いのに再び水性カラー。2100形のときに若干白を混ぜたインディーブルーの残りです。
気持ち明るくなりました。

ステッカーを生かし、窓ガラスも外さないので、そこをよけるように筆塗りぺたぺた

600 type リニュカラー 3

若干余計なところにも青を塗ってしまいましたが、近くでじっとみない方向でボディのリニューアル完成です。
このあと、屋根は以前より明るめに塗ろうかと思っています。

クーラーは1000形の集中クーラーは山ほど余っているので、新品に交換しましょう。





関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック