快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

京急600タイプ リニューアルその3

2010.02.04 (Thu)
600 type リニュ屋根小部品

屋根の小部品を塗装し、床下機器の塗装もリニューアルしました。

屋根小部品はタミヤアクリルのライトグレー
パンタグラフはシルバー
床下機器はニュートラルグレーです。

ボディが比較的濃い色なので、屋根を濃いグレーより明るめが似合うと思い、明灰白色を選んだのですが、
ちょっと明かるすぎた。

アンテナとかヒューズボックスとかは屋根色よりやや明るめの方がいいと思うけれども、調色しないでいいもっと明るいグレーの水性カラーも持ち合わせがなかったので逆転してしまいました。

京急の屋根色と屋上機器の色の考察
屋根色は汚れで良く分からないけれども800形、1000形、2000形は濃い目のグレーが多い感じがするのですが、600形以降は明るいグレー色の感じ。

1500形はどっちかな。明るいグレーの方が多い気がする。

アンテナやヒューズボックスは殆ど白に近いかなり明るいグレー。
でもステンレスの新1000形はもう少し濃いグレーの感じがする。

なので、今回のカラーも車種を無視すれば無いともいえないかなぁ
やっぱり、もっと明るいグレーか白に塗りなおすかどうかは思案中。

明るすぎる屋根色も少し汚していけば落ち着くと思うし。

600 type リニュ床下機器


今のところ、きれいな屋根と塗ったばかりみたいな銀色のパンタグラフとグレーの床下機器とで更新直後のような雰囲気
これにさらっと汚していけば、宜しいかと。

あまりこだわり過ぎずがモットーの私の模型ですが、この子はさらに難しいことは考えずに進めていきます。





関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック