快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

C11とキ100

2010.02.09 (Tue)
C11 KATO
C11 KATO

KATOのC11です。これはいつ買ったのかぁ まぁでもだいぶ昔です。

当時から京急は好きでしたけど、京急の模型はGMの1000形か600形かしかなかったと思います。
未塗装の自分で組み立てるキットは大人の模型だったんですよね。
とても自分で完成させるには難しすぎた。

模型店でかっこいいと思うのを時代性も地域性も無視して、少しずつ手の届くのを手に入れていました。
誕生日に買ってもらったり、お年玉できよぶたしたり。

これはがんばってKDカプラーを付けました。
子供でもアーノルドカプラーはかっこ悪いと思っていましたが、KATOカプラーが発売されるのはもう少し後だったような。
違うかな。いつかレイアウトを作って、自動開放を夢見ていたのかもしれません。

このC11は正面にアーノルドカプラーを付けられる構造だったか記憶が定かではありません。
しかし、KDカプラーを正面につけることは出来なかったので、瞬間接着剤で無理やり取り付けていました。

今は長い年月でその瞬着も取れてしまいました。
こんどKATOカプラーでチャレンジですね。

C11はバック運転が様になるし。

キ100 TOMIX
キ100 TOMIX

その瞬着でつけたKDに連結していたのが、TOMIXのキ100です。
これも絶版で安かったのとC11に似合いそうで

正面おでこの丸い棒は(あれなんですか?)折れてしまいました。
このキ100はスカートを延長しています。
プラ角棒とプラ板で裾を延長して線路との隙間を少なく。
その際正面のダミー連結器も折れてしまいました。

サイドの羽と前の台車の間も真横から見たときに向こうが抜けないように床下にもプラ板をいれています。

C11もキ100も今また新品が手に入るようになりましたね。
京急を中心とした今の私の模型にとても似合わない2両ですが、
これはこれで。

キ100+C11






関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック