快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

他の方のアイデアを拝借してみる

2010.03.10 (Wed)
ブログを始めて半年となりました。
初めてトラックバックにチャレンジしてみました。

プラレールの改造を楽しんでいらっしゃるPanda NEKO No.1さんのブログ面白い装置を紹介されていましたので、トラックバックしてみました。

Panda NEKO No.1さん、他にも踏み切りとか信号機とかとてもプラレールとは思えないクオリティですぐ、NやHOにも転用できそうなものを作っていらっしゃいます。

今回紹介されていたのは、要は明暗センサーで、暗くなると点等するという、玄関とかでお馴染みにのセンサーです。
ただ、その小ささと簡易さ(失礼!)がよろしいかと。


私は、Nの鉄道模型車両作りをメインにしていて、レイアウトは持ち合わせていませんが、いつか子供の頃の地元の駅を再現したいという夢はあります。

そこで、誠に勝手ながら、Panda NEKO No.1さんが紹介されたものを勝手に使いどころを考えてみます。

とは言っても誰もが思いつくように、レイアウトにおける町並みの明かりの自動点灯でしょうね。
建物や駅、ホームの明かりが点くと、きっと街は生き生きとすると思います。
スイッチでパチパチ自分でつけてもいいとは思いますが、複数のセンサーで感度を少しずつずらし、暗くなるに従って、ぱらぱらと街の明かりが点いていくのはとっても楽しそうです。

本体をレイアウトに埋め込んで、光ファイバーで導光すれば、Nサイズの車もヘッドライトが点灯できるんじゃないかぁ?
同様に街灯も薄暗くなるとぽっぽっと点き始める。

あとなんでしょうね、Nより大きいサイズの模型なら、暗くなるとシャッターが閉まる商店とかもつくれるのかなぁ?

車の模型だったら、これを内蔵して、センサー部をパケトレかなんかのスピーカーグリルとかに隠して、これもやっぱり暗くなるとヘッドライトの点灯する模型とか。

もう一回鉄道模型に戻って
逆に明るくなったら、鶏が鳴いてみる?



色々無責任に考えてみました。







関連記事

コメント

便乗して一緒に楽しみます
ご紹介ありがとうございます。
すてきなアイディアで、私も便乗して一緒に楽しませていただきます。
ブログの記事もいつも、楽しませていただいています。これからも、よろしくお願いいたします。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

トラックバック