快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

京急1000形 旧エコノミーキット幌を装着 

2010.06.08 (Tue)
連結間の幌をつくるその4」で作った幌を1000形に装着してみます。

1000形幌8

幌を両面テープで留めます。


1000形幌7
車両の加工をします。相棒の方の貫通路はプラ板で塞ぎます。
今回はボディー色で仕上げました。


1000形幌9

連結してみるとこんな感じです。
なかなか良いのでは?と思いますが、折角連結面がかっこよく思えるようになったので、
そのしたのアーノルドカプラーが気になります。

1000形幌10

ジャンパ栓つきのカトーカプラーにしました。
見た目ますます良くなったでしょう?
本当は黒のカプラーが良かったのですが、これも在庫の問題で。

但し、連結開放はアーノルドの方がやりやすいです。


仕上がりはこんな感じです。
1000形幌11


カーブだと
1000形幌12


超精密模型派には?ですが、雰囲気重視の走行派さんにはお奨めかな。
試行錯誤がなければ製作時間もたいしたことないですし。

走行の検証はこちら「連結間の幌をつくるその3






関連記事

コメント

雰囲気がでていていいですね
いつも、書き込みが夜中ですみません。
「幌」の感じとてもよくなりましたね。やはり連結部が抜けているのは違和感があるので、このように幌があるとかっこいいです。
だいぶ、いろいろと試行錯誤されたようでお疲れ様でした。でも、考えるのも楽しいですよね。
Re: 雰囲気がでていていいですね
> いつも、書き込みが夜中ですみません。
いえいえ、私が昼間は仕事するべきです。

ぱんだネコさんいつもコメントありがとうございます。
アイデアそのものは私のオリジナルではなくて、数十年の先人のものですけどね。
コピーとはいえ、形にできたのは楽しいです。
この1000形は中古の改良で、特に思い入れはなかったのでが、ここにきて急に愛着が沸いてきました。

色つき薄紙があれば、もっと手軽になるんですが、
この記事をみて、他にも試してくれる方がいると良いなと思います。


管理者のみに表示

トラックバック