快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

京成スカイライナーAE100 その2

2009.10.10 (Sat)
AE100-13

まもなく新型AEがデビュー。AE100はまだまだ活躍するのか?廃車になってしまうのか?不明ですが、
このAE100は走り込んでいる感じが良いなとまたまた、屋根をパンタグラフを中心に
黒く吹いてみました。

AE100-14


貫通ドアの隙間やライトの周りを黒く入れました。
実車は急行灯&尾灯のくぼみはボディ色の白みたいです。
ヘッドライトの中は写真でいる限り黒に見えますが、汚れているだけでしょうか?
模型は経ヘッドライトも急行灯&尾灯も黒をさしましたが
引き締まったと思います

AE100-17

同じようにクーラーも
AE100-20

近くでみると、折角のきれいな完成品をただ汚しただけな感じですが、
走らせるとやっぱりかっこいいですよね。

もうAE100はかっこよさ優先で、
AE100-19

連結器をカトーカプラーに交換したところ、
元々アーノルドでも十分狭い連結間隔がかなり狭くなりました。

おまけに、ジャンパー線の表現もかっこ良いのですが、
AE100-21

おかげで殆ど、首が振れません。


KATOの複線線路は走れました、急カーブや急S字は脱線しますが、
模型屋さんのレンタルレイアウトは問題なく走ったので、
まぁ特急電車だから、いっか。と言ったところです。




関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック