快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

横浜線205系(GM)

2009.11.05 (Thu)
205系GM1
横浜線205系 GM板状キット組み立てです。

京急をテーマとしていますが、東神奈川から横浜間は並んで走ることもあるということで

ボディはタミヤカラーアクリルミニ X-11 クロームシルバー
床下機器はタミヤカラーアクリルミニ XF-69 NATOブラック
屋根はタミヤカラーアクリルミニ XF-22 RLMグレイ

帯はキット付属のステッカーです。

205系GM KATO1

KATO製と比べてみると、シルバーは水性カラーを使ったせいか、粒子は粗いのですが、色合いはそんなに変ではありません。
GMステッカーの帯色はKATOと比べると若干明るいです。
床下色のNATOブラックは正解だと思います。
屋根色はやはり定番のねずみ色がちかいのかも知れませんがこんな色も満足しています。

205系GM6

サハ204 6扉車は KATOの山手線を流用しています。
調子を揃える為、帯を上からGMステッカーを貼って屋根を同じ色に塗り、ベンチレーターをGMに交換しています。

6扉のみベンチレーターがステンレス製のようなので、こちらは銀色に
205系GM4

パンタグラフ周りと
205系GM3

スカートはKATO製をゴム系接着剤で接着
205系GM KATO2

気持ち高さが詰まっています。

205系GM2

横浜線は運転席直後のステップがないのですが、キットにはモールドがあり、削ってみたのですが、
うまくないですね。
同様にサハ205の吸気口?のモールドも説明書に従って削ったのですが、へたくそで見せられません。
実車が、もう外板がヘロヘロなので良しとします。
GMのステッカーも強くこすれると色が剥げてきたり、水性カラー仕上げのボディも傷だらけですが、
遠目で見ると、KATOのシャキッとしたボディより、ステンレスのヘロヘロ感がでてると自己解釈しています。





関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック