快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

京急ありがとうギャラリー号 動力ユニットを組み込む

2011.06.09 (Thu)
CP TH1000 動力 3

久しぶりに東京へと出たものだから、模型店に足を運んでみました。

GMから京急旧1000形の模型のリニューアル発売を機会にきっとGMの18mの新動力ユニットとか、TH1000の台車とか単体発売されるのではないか?と予想していたどおり、店頭に並んでいました。
ちょっと意外だったのは、台車の方は集電対応のボスがネジのタイプと従来どおりの集電非対応のボスがピンのタイプと並売。

ありがとうギャラリー号は以前の記事でも紹介していたとおり、台車はKDタイプを履いていました。
動力は鉄コレ18mがあったので、いずれ台車のレリーフを貼付けようかと思ってはいたのですが、ずっと放置

横浜市営地下鉄1000形に動力が欲しかったので、思い切ってありがとうギャラリー号の鉄コレ動力を地下鉄に譲って、こちらはTH1000のGM新動力ユニットを導入することに。
合わせて、残り5両もKDタイプからTH1000に履き替えます。
こっちはボディベースがエコノミーキットなので集電非対応の方にしました。

CP TH1000 動力 6

ボディの方は予めリブを落としてあります。

動力ユニットの方は車端のつばみたいなところを0.5mmくらい残して切り取りますと
CP TH1000 動力 2

サイズぴったりです。
妻面の内側のでっぱり(貫通路の両脇の)に動力ユニットの端のつばが掛かる高さがちょうどいい。
CP TH1000 動力
車高ばっちりです。

さて 床下機器をどうしますか?

既にT車の分は作り込んでます。

同じパーツを厚み半分、取り付け板の部分を薄いプラ帯に作り替えた物を作ってみました。
CP TH1000 動力 1

バラバラにならないように裏から帯を貼って補強したのですが、抵抗器はちょっとまっすぐでないです・・・
CP TH1000 動力 5

CP TH1000 動力 4


マイクロエースから、完成品のありがとうギャラリー号が出たって、GMから塗装済みキットがでたって、自分で作り掛けのがあるじゃないか!
台車だって自分で選んだKDタイプでいいじゃん!って思っていたんですけどダメですね。結局TH1000 よく似合ってます。

今回は、動力ユニットを融通するってことで。






GM京急600形もGM京急600タイプからリニューアルで台車もKW77からTH600の専用品に切り替わってましたよ
比べなきゃね、いいんだけどね比べちゃうとね




関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック