快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

マルチプルタイタンパーを作る その9

2012.05.01 (Tue)
マルタイ 床下機器4

早速突き固め装置に色を挿してみた。
クリーム色(キャラクターフレッシュ)を筆でぺたぺたやって、シルバーのマーカーペンでちょっと。



そして、防音壁を付けるとこんな感じ

マルタイ 防音壁1

防音壁はプラ板に点検窓をくり抜いて、プラ角1mm棒で縁取りし簡単なもの。
点検窓を作るのが大変だったけど、ちょっと大きすぎたみたい。
窓から突き固め装置が見える予定だったのだけど、ボディしか見えないので、窓は
透明ではなく、スモークガラス調にしてしまいました。
これは写真の現像済みフィルムの端を両面テープで貼っています。

マルタイ 防音壁2

この防音壁多分、走行時はラインが揃う高さまで上げて、
作業時にレールギリギリまで下ろすのだと思うのですが、
(京急フェスタの時は特別に更に上げて機器類を見えやすくしてもらっているのだと思います)
なんとなく、中途半端にラインがちょっとズレていて突き固め装置がチラ見するくらいに接着しました。


マルタイ 防音壁3


せっかく作った装置類は見えにくくなってしまいましたが、防音壁で都会のマルタイ風になったと思います。
横幅が更に増してしまったので、車両限界超えちゃってるかな?

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック