快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

音を出して遊ぼう! なりきり発車ベル その2

2012.11.05 (Mon)
なりきり発車ベルイメージ

先日組み立てたマイクロ電子サービスの「なりきり発車ベル」ケースにいれるのはまだ先になりそうなので、ケースのないまま電池とスイッチを取り付けて音を出してみました。

感想を言ってしまうとスピーカーはその設置の仕方でだいぶ音がかわるんだなーって感じです。
正直、キットを組み立ててスピーカーをつないだだけだと音がなんとも。深みがないというか、玩具のようというか。小さなスピーカーで音をだしてる感がとってもします。
これをちょっとスピーカーを箱の上に置いてみたり、コップをかぶせたりするとまるで違うんですね。
この辺は音響機器ファンなり楽器を使う人はくわしいのかな、同じ音源、同じスピーカーでも工夫次第ってやつですね。ますますケースに悩んでしまいそうです。

今回製作した8曲仕様は発車ベル4曲+ドア〆チャイム4曲です。
二つのスイッチで音色を選び、もうひとつのスイッチで発車ベルかドアチャイムかの選択
3つのスイッチの組み合わせでどの音をだすか決めてプッシュスイッチで音を出します。

発車ベルもドアチャイムも途中で音色を変えたりすることはあまりないと思うのですが、発車ベルの後にドアチャイムを鳴らしたいなんてのは、ちょっと操作が煩わしくはあります。
できれば、発車ベルのプッシュスイッチ、ドアチャイムのプッシュスイッチと別々にしたい。

実は、キットの製造元のマイクロ電子サービスさんに↑な希望を伝えて相談してみたのだ
アドバイスを頂いたのに、ちょっと不安だったのでやっぱり説明書どおり組み立ててみた。

これは、今後の課題にします。

[高画質で再生]

なりきり発車ベルキット こんな感じ編 

発車ベル+ドアチャイム 京急はこんな音しないよとかつっこみはなしね




関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック