快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

LEDテープを車両室内灯に 明るさ実験編

2012.12.02 (Sun)
LED室内灯1

草心デジタルさんのLEDテープを車両室内等用に
鉄道模型用と銘打ってあるタイプと通常タイプと比べてみます。
写真左 鉄道模型用約680Ω/約4mA(12V時)仕様
写真右 通常タイプ(廉価品)消費電流:50mm/約20mA

写真左の鉄道模型用は抵抗を大きくとり明るさを抑えた商品です。

横浜市営地下鉄1000形にこの鉄道模型用LEDテープを試して見たところ電圧をある程度高くしないと点灯しないのは、抵抗が大きいので低い電圧では通常タイプより点灯しにくいのでははないか?と思い、抵抗が約1/5の通常タイプを入手して比べることにしました。


7V以下では両者点灯しません(ブリッジダイオードの影響もあると思います)
LED室内灯2
約7.5V



LED室内灯3
約9V

予想が外れ、点灯するタイミングは共に7.5V付近で抵抗の小さい通常タイプが低い電圧から点灯し始めることは有りませんでした。

しかも、9Vでは”鉄道模型用”の方が明るいです。


このコントローラーは9Vまでした出力できないので、KATOのパックに続きをお願いします。

LED室内灯5
LED室内灯6
LED室内灯7
LED室内灯8
LED室内灯9


電圧をあげるに従って抵抗の少ないタイプが明るさを増します。
鉄道模型用は電圧が9Vに達した後はその後はそれほど明るさは変わりません。

確かに9V〜12V付近で使うには”鉄道模型用”が良さげです。

低い電圧から点灯させるには別の工夫がいるようで
簡単ではないんですね。


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック