快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

レール探傷車を作る (EF65-1100 TOMIX 2101)

2009.11.15 (Sun)
レール探傷車(レールクリーニングカー)の種車になったのでタイトルとカテゴリを変更しています


EF65 1
EF65  なんですが、なにやら変な機関車です

元はTOMIX EF65 1100 (2101) 25~6年前の製品だと思います。

これも子供の頃に買ってもらい、その後いろいろできるようになって何やら、パーツ変えたり、色を塗り替えたりして、保管されていました。

EF65 2

発掘された時の状態です。
EF63とかEF64をイメージして色々手を加えたのだと思うのですが、
自分のしたことですが、正直だいぶ前のことでおまり覚えていません。

EF65 5
全体では、色の塗り替えとパンタグラフの交換(元は下枠交差形です)だけなんですが、
車体中央の車体番号等の部品が無くなってしまっています。

EF65 4

台車の一部も欠けてしまっています。
青とクリームの塗り分けが別パーツだったのですが、痕がひどい事になっています。

EF65 3

正面のクリームの状態もひどい有様。車体番号はどこへ?

片方のカプラーはカトーカプラーに交換してありました。ルーフもなんとなくウェザリングしてあります。
近くでみるとひどいし、旧製品のスプリングウォーム式の動力です。

なんで、こんな記事を書いたかと言うと、
昨日の尾久車両センターのふれあい鉄道フェスティバルにて
電気機関車や客車もいいなと思ってみたりで、

電気機関車は1両もっているなと
一体何形なの?という機関車ですが、走りは月日を感じさせない調子よさです。

この塗装のままリフレッシュできるものか、今は1両1両塗装が違うと思えるくらい、バリエーションが多いし、いっその事、塗り替えてみようか?


追記

下の子の餌食になってしまった
EF65 6

台車も屋上機器も外されてバラバラに。パンタは発見できたけど、避雷器はどこかへ。
子供ってどうして色々外したがるのだろう?
出しっぱなしで目を外したのがいけなかった・・・






関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック