快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

瀬戸電6750系その7

2013.05.05 (Sun)
瀬戸電6750系24

まるで新車のように塗った屋根と屋上機器を組み立てて行きます。

床下機器は、鉄粉で元の機器の色など分からないほど汚れている想定で土草色で塗ってしまいました。
なので、屋根も思いきって汚していきます。

使ったのはタミヤのスミ入れ塗料(ブラック)
要は薄めたエナメルブラックです。

普通ならクーラーキセのファンの部分などだけにのせていく使い方だと思います。
結構使い易いので最近のお気に入り。

今回は名鉄電車はかなり汚れているイメージが強いので(失礼)クーラーキセのファン部のみならず大胆に汚して行きます

瀬戸電6750系25


京急の屋根はパンタグラフの擦り板がカーボン?屋根汚れは黒いイメージなのですが、名鉄のそれは屋根も赤茶色な感じです。
スミの後に赤茶のパウダーでこちらも錆色にします。

瀬戸電6750系28



床下機器は屋根とは逆に後からスミ入れ

瀬戸電6750系27

全体にスミをいれていくと土草色の塗っただけよりも大分感じ良くなります。
コントラストが付いて立体的に見えるのと気持ち艶ででるので、錆汚れと油汚れの混じった感じに。


もうついでなんでボディのドア周りなどにもスミを

瀬戸電6750系26

PANEL LINE ACCENT COLORって書いてあるのでこっちが本来の使い方かも



瀬戸電6750系29





関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック