快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

京急600形 GM旧キット 青の選択#2

2013.10.26 (Sat)
GM600形旧キット やり直し3


いちど白を塗ったものの大失敗したものだから、側面の表情を変えて
もう一度。



窓枠も靴刷りも行き先表示窓もないシンプルな側面になってしまいました。

ボディだけみると1000形のボディに見えるでしょうか?




前回の試し塗りの通りこの600形はBlue Sky Trainになる予定です。

内には他にも
・近鉄キットから作った600形風Blue Sky Train
・GM2000形キットから作った2100形Blue Sky Train
・2000形が2扉のまま生き残り増結用として生まれ変わった想定の2000形Blue Sky Train


とBlue Sky Trainだらけなのですが、
それぞれ”Blue"がさまざまなんです。

600形風が水性ホビーカラーのインディブルー(H15)
2100形が水性ホビーカラーのインディブルーに若干ホワイトをいれて調色したもの
2000形はMr.カラーのインディブルー(C65)

インディブルーがぴったりというわけでもないので、青3色を比べてみました。


blue sky train 青3色
写真では色の違いが分かり辛いですが

GMの鉄道カラーやガイアノーツのラインナップは調べていませんが、Mr.カラー系ではこの3色が近いと思います。
一言で表すとインディブルーは”紺”スージーブルーは”青”キャラクターブルーは”紫”
濃いめのインディーブルー、純青のスージーブルー、赤みの強いキャラクターブルーといった感じです。

以前もプラ板にちょっと塗料をたらして検証したことがあって傾向は同じなのですが、(そのときインディブルーがいいのかなと思った)実際に吹いてみると印象は異なりました。

今回はスージーブルーかなという結論です。





関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック