快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

小型吊掛車その2

2014.02.28 (Fri)
瀬戸電旧型車風8

せっかく緑に塗ったボディがゴミと化してしまったので
元々ボディが一つ余っていたので、瀬戸電風小型車にと思ってボディに色を塗ったのに
屋根も動力も加工してしまったので、もう一度ボディを購入して再度組み立てる事にしました。

といってもこの箱根登山鉄道ボディ、1両分だけが必要でも2両分の部品を購入せざるを得ずちょっとした失敗で散財してしまいました。

瀬戸電旧型車風10

箱根登山のボディは客ドア間の窓が5つで車端窓と同じ大きさの物と客ドア間が6つで車端窓より小型の窓のボディがあるのですが、全て同じ大きさの窓のボディを選んでいます。

今回はさらに片方の乗務員室ドアを切り落とし半室式運転台にして
窓・ドア配置は点対称になった形です。

瀬戸電旧型車風9

あまり瀬戸電っぽくはないのですが、どこかの私鉄風小型電車にはなったかな?

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック