快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

京急420形 縦樋を作る

2014.09.16 (Tue)
デハ420形_雨樋_1

車体長17mの420形は17.5mのデワ40形(400形)に比べて客室窓が若干狭いだけでなく乗務員室扉の位置も若干違うらしいのだが、それを知ったのは組み立てた後だし元よりキットが汎用性を持たせた寸法らしいので、模型のほうの420形とデワ40形との差はウインドシル・ヘッダーの有無だけなんですけど、実車の方はアンチクライマとアーマーププレートの形状も違うらしい。


デワ40形(400形)で側面まで回り込んだアーマープレートが420形には無い。
アンチクライマの作り分けは難しいそうなので無視なんだけど、アーマープレートは両端を削っておけば良かったかなと思う。

塗装も済ませインレタまで済んでいるんだけど、やっぱり削ってみた。

これを機会に目立つけど省略していた縦樋を作ってみました。

デハ420形_雨樋_3

細いプラ板を接着して面相筆でそこだけ色をのせました。
白帯があんまり上手く塗れなかったものの、大きくやり直しにならず済みました。


もちろん、連結面側にも取り付けます。

デハ420形_雨樋_2




関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック