快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

ホ50 その2

2009.12.21 (Mon)
ホ50 塗装
ホ50(JRホキ800)を塗装しました。

まず、グレーに塗り、その後黄色を挿す予定です。

グレーはクレオス 明灰白色

台車、ウェイトを外し、エアブラシでグレー1色に塗ります。
台車も車輪を外し、カプラー部を除き、グレーに。
付属している部品はランナーごと塗ってしまいます。


ホ50 分解

後から、説明書を読むとホッパー部と台枠部は分解できることが・・・
分解前キレイに塗れたと思っていたのに、当たり前ですが、分解してみたら、部品の重なるところは色がかかっていません。もう一度塗装し直すか?後で挿すか?

ホ50 黄塗装

足りない所は後で挿すことにして、黄色を塗る事にしました。
こちらは手すりとか枠のみなので、筆で塗る事にします。


ホ50 塗装剥れ

あれ?あれれ??
パリパリっと簡単に剥れてしまいました。

慌てて材質を確認すると・・・
ホ50 材質
本体:ABS 
台車、台枠:POM

本体のABSはいいとして、POM ポムってなに?
台車はいつも塗るときはダメ元で塗るのですが、台枠も台車と同じ材質なんですか?!

POM ググッて見たところ、耐熱性、耐油性、耐衝撃性は抜群であるものの、塗装、接着はかなり難しい材質であることが分かりました。


あ~ぁって
ホ50 塗装剥れ2

ホッパー部はABSなので、色が載りましたが、台枠はご覧の通りの結果に。


POMの塗装方法は無いわけではないらしいので、先輩たちの文献にならい再度チャレンジしてみます。





関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック