快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

京急1000形 塗装済み板キットTNカプラーの選択

2015.05.04 (Mon)
京急1000塗装済みキット TNカプラー4

京急1000形を作るにあたって、どの時代、どのタイプという選択はすごく難しいと思います。
私にとってのヒーローは細かい分類はさておき分散クーラー、OK台車、そして品川寄りにジャンパー栓をづらっと下げたNCB-II時代だったりします。

というわけで先頭車につけるカプラーは密自連タイプのTNカプラーと思っていたのですが
今の私の技量で品川寄りのジャンパー栓を上手く作れる気がしません。

やっぱり電連付き密連の最後の時代にしました。


京急1000塗装済みキット TNカプラー1

ところが、密着連結器TNカプラーをつけてみると台車がほとんど首が振れません。

密自連タイプは大丈夫だったのに。
よくよく見るとカプラーのベースの形状が異なります。

京急1000塗装済みキット TNカプラー3
一番奥 密自連/真ん中 密連/手前 加工した密連

密連の外側の縦リブ(飾り?)を削ります。


京急1000塗装済みキット TNカプラー2

台車の首が振れるようになりました。


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック