快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

京急歴史ギャラリー号 屋上配管を作る

2015.05.06 (Wed)
京急歴史ギャラリー号 屋上配管_7

マイクロエースのパンタグラフ周辺の配管のレリーフはGMのそれと比べると控えめだったりします。
屋根を塗装した際に元々の塗り分けが潰れてしまい、さらに配管が目立たなくなってしまっていました。

ありがとうギャラリー号が上手くいったので、こちらも金属線での屋上配管を作ってみます。
配管全てではなく1番目立つ外側の2本のみ工作することにしました。

京急歴史ギャラリー号 屋上配管_1

元のレリーフをカッターで削り取ります。
その上に真鍮線を這わせるので周りを傷つけない程度に、ぎりぎりまでは攻めません。

元の留めのところに0.5mmで穴を開けて

京急歴史ギャラリー号 屋上配管_2

やり方はありがとうギャラリー号の時と同じです。

京急歴史ギャラリー号 屋上配管_3

瞬間接着剤で固定して、余はなるべく短く切ります。

それでもボディと干渉してしまうのでボディの方もある程度削ります。

京急歴史ギャラリー号 屋上配管_4


京急歴史ギャラリー号 屋上配管_6

グレーのペイントマーカーを入手したので
ありがとうギャラリー号の配管は白くしましたが、こちらはグレーにしました。


パンタグラフへ向かう2本の細い線がまったく目立ちませんが、外側の2本は工作した甲斐があったと思います。
つや消しクリアーを吹いて仕上げとしました。

京急歴史ギャラリー号 屋上配管_5


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック