快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

ホ50 その3

2009.12.23 (Wed)
ホ50 サフェーサー塗装

POMの再塗装です。

前回のラッカーをただ吹いただけ塗装は殆ど剥がれてしまったので、シンナーで残った塗料も落として再塗装にチャレンジします。

POMが通常の塗装を受け付けないのは前回書いた通りですが、それでも塗装が必要なケースはある訳で、以前鉄道模型趣味に塗装の仕方が紹介されていた事があったそうです。

何人の方がWEB上で紹介していてくれていました。

要は、サフェーサーを塗装後、ドライヤーで加熱すると言う事です。
こちらによると、塗装20分後を目安にドライヤーの口を3cmほどに近づけ、約50秒ほど加熱すると紹介されていたので、難しい事は考えずにそのまま、真似してみました。

ただし、記事ではサフェーサーはタミヤのスーパーサフェーサーとありましたが、恐らくサフェーサーならどれも大丈夫だと思います。
今回はクレオスのMr.サーフェイサー1200を使っています。それともサフェーサーの番手で強さが変わるのかぁ?

結果は上々です。あえて爪で引っ掻いたり必要以上にひねったりはしていませんが、前回のように触るだけで剥がれることはありません。普通に触って取り扱える程度には塗幕はしっかりしているようです。

前回は明灰白色を塗りましたが、サフェーサー色でいい気がしてきたので、ABS製で問題なかったホッパー部もサフェーサーで塗装しました。


ホ50 台枠黄塗装

ホ50 ホッパー黄塗装

また黄色の部分を筆塗りします。クレオスGX4キアライエロー


仮組してみます。
ホ50 仮組

黄色の塗る範囲と塗り方に問題があるみたいです。
ホッパーの内側がおかしなことになってます。
多少はみ出たのを拭き取れるようにエナメルで塗った方が良かったかも知れません。
(黄色の持ち合わせがキアライエローしか無かったもので)


もう1両はもう少し奇麗に黄色が塗れるように工夫せねば。





関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック