快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

京急600形 GM旧キット クーラーの選択

2015.06.11 (Thu)
GM600形旧キット クーラー_1
↑マリノストレインで使ったクロスポイントの”営団用クーラー”


600形の新造時に搭載されていたクーラーは東芝製のRPU-11009もしくは三菱製のCU-71F。
GMの600形は後から”CU71型クーラー搭載車”と銘打って追加販売もしています。

ブルースカイトレインの606編成の登場時はRPU-11009だったようです。



GM600形旧キット クーラー_2
↑GMのRPU-11009

GM600形旧キット クーラー_3
マイクロエースのCU-71F

上の写真はぴったり東芝製のPRU-11009です。(GM)
下の写真はマイクロエースのCU-71F 606編成も更新後はこっちのタイプを搭載している模様です。

今制作中のブルースカイトレインは更新前なので、PRU-11009が都合が良いのですが、
意外とクロスポイントの”営団用”クーラーもPRU-11009に似ていると思います。
(営団用クーラーは前後が丸いので平らに削っています)

GM600形旧キット クーラー_6
GM600形旧キット クーラー_5
GM600形旧キット クーラー_4

何れにしても手持ちは無いので、入手しやすさで決定です。


GM600形旧キット ランニングボード


600形の2次車以降(603編成〜)はランニングボードがクーラー周辺からパンタグラフ周辺まで繋がっています。
キットの屋根はクーラー周辺のみですので、パンタグラフが載る3両のランニングボードを細く切ったプラ板で作り直しました。


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック