快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

京急600形 GM旧キット 動力台車とT台車

2015.06.14 (Sun)
GM600形旧キット 動力カプラー


先の記事のカプラーポケットのガタの差は僅かと言うことで、真鍮線を挟んだりせず全車カプラースプリングを装着することにしました。

但しGMの動力台車は要加工です。


GMの動力ユニットも今は数世代ありますが、黒いダイキャストが窓中の殆どを占める従来のユニットはカプラーの取り付け部分が長く、動力ユニットの前後だけ連結間隔が広くなるのが難点です。

動力台車の加工は初めての方法ではなく、旧1000形の時にやった方法です。

動力ユニット側のカプラーは台車に接着ですので首は振りません。
相手の台車がカプラースプリング付きなので問題ありません。


GM600形旧キット T台車


606-3と606-4は付随車です。
こちらもマリノストレインでした加工と同様にブレーキシリンダーとシューをカットします。


この606編成も台車はTH-600ではなくキット付属のKW77です。


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック