快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

京急1000形 塗装済み板キット車番を決める

2015.07.05 (Sun)
京急1000塗装済みキット ステッカー1


行き先を〔普通〕〔文庫〕行きにして
車番を1167-1168-1171-1172に決定しました。

京急1000塗装済みキット ステッカー4

思いつきで抵抗器を車体中央に置いてしまったものだから、色々辻褄合わせに大変です。

川車-三菱の組み合わせが抵抗器を車体中央に配置してあったはずだけれども、その一部は冷房改造時に外側に移設しています。

側面方向幕も一部のグループは左右対象に備えるものの、冷房改造車の殆どはM1系は海側にM2系は山側にひとつずつしかありません。
ところがこのキットは左右対象に側面方向幕が表現されています。


車番を決めるのも大変です。

上の条件を満たして且つ4両編成の都合の良い番号があるのかないのか?


GMのインレタの中から初期に背中合わせユニットの番号を除いて川車に該当する番号を選びます。
都合が良いことに1167~の編成は抵抗器移設を行わなかったようです。

側面方向幕が左右にある条件は諦めることにしました。


方向幕の表現など削ってしまえば良いのですが塗装済みキット故、冷房改造車ながら左右に方向幕がある一部のグループをモデルに製作したほうが良かったかもしれませんが模型の仕様の違いに目くじらをたてることもないですね。

京急1000塗装済みキット ステッカー3

インレタ、ステッカーを貼った後、ボディに半艶クリアーを
屋上にはつや消しクリアーを吹きます。


京急1000塗装済みキット ステッカー2


つや消しクリアーを吹くとスミ入れ塗料で若干艶のでた屋上の汚れが落ち着きます。


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック