快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

OM-D E-M1 ムービーテレコンを試す

2016.03.20 (Sun)
愛知環状鉄道 新瀬戸
(写真は去年撮影したものです)


前回の動画でちょっと使ってみたムービーテレコンを試してみます。

ムービーテレコンというのは画面の一部を拡大する機能です。
よく似た機能にデジタルテレコンがあります。デジタルテレコンは写真用で画面の中心部分を2倍に拡大して実質2倍の焦点距離の画角になります。
画像を補間しながら元の画素数を保って拡大するのが特長です。

そのデジタルテレコンの動画版がムービーテレコンです。
デジタルテレコンの2倍に対して、ムービーテレコンは任意の部分を4倍の拡大をします。

動画は最大でも1920x1080なので4608×3456のセンサーでは余裕がありますが、さすがに4倍のサイズはありません。
ムービーテレコンも映像を補間しながらの拡大なのだと思います。






レンズはパナソニックの45-175です。
撮影地より画面の駅のホームは直線で約1Km
超望遠域の画角では画面を落ち着かせるにも一苦労です。

さすがに1km先の音はカメラ内蔵マイクでは拾えないのでフリーの曲を当てました。






その2は全編ムービーテレコンです。

デジタルテレコンもそうですが、ムービーテレコンも近くの物をより大きく写す場合は効果を発揮しますが、より遠い物を写そうと思うとちょっと苦手かもしれません。

最初の動画ではそれほど感じませんでしたが、空気の揺らぎも増幅してしまう感じです。
陽炎が立ち昇る真夏のような映像になってしまいました。


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック