快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

名鉄尾西線を撮る#2

2016.03.25 (Fri)
名鉄尾西線6800系_リーニュクレール
リーニュクレール

山崎〜玉野間の踏切、4方向から写真は撮れるものの
津島方面行きは朝の時間帯正面は影になってしまいます。

光が悪いからといって写真を撮らないのはもったいないので、そんな時は”アートフィルター”の出番です。


正面のシャドーを持ち上げようとするとコントラストが浅くなってしまいます。
どうせコントラストが落ちるなら、アートフィルター「ヴィンテージ」で昔写真風に

ヴィンテージフィルターには”効果”が3種類あってI,II,IIIと順に近代風でしょうか?
IIIの感じが子供の頃よく撮った写真の感じがします。IIやIはもっと古い感じ。




名鉄尾西線6800系_ヴィンテージ_効果I
ヴィンテージ効果I
名鉄尾西線6800系_ヴィンテージ_効果II
ヴィンテージ効果II
名鉄尾西線6800系_ヴィンテージ_効果III
ヴィンテージ効果III


名鉄尾西線6800系_ジオラマ_効果II
ジオラマ効果II

こちらはジオラマ効果II”ボケ”が上下に入る効果Iに対して効果IIは左右に”ボケ”が入ります。


名鉄尾西線6800系_jpeg編集

これはアートフィルターではなく写真編集ソフトでjpegを調整しました。
正面は真っ黒だし、被写体ブレもしているのでオリジナルは失敗写真です。





名鉄尾西線6800系_クロスプロセス


最後はクロスプロセス。
クロスプロセスとは敢えて使用したフィルムに適さない異なった現像処理をして色を転がす手法です。
それをデジタルで表現したのがクロスプロセスフィルター。


色の変化で広角の伸びやかさが更に強調された感じがします。


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック