快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

北総7260形 その15 屋根を仕上げる

2016.07.03 (Sun)
北総7250 40

ライトに銀を挿すと大分それらしくなります。

今回は後から製作した4両の屋根に色を塗り、クーラーを取り付け、パンタグラフ周辺を仕上げ、
”スミ”を入れてみました。

北総7250 41

屋根のベース色は以前の記事に記録していた通り『クレオスC324ライトグレー』です。

前の記事では省略してしまいましたが、屋根はパンタグラフから妻板につながる左右の配管以外全て削り取ります。
ランボードは京成3700形キットから。ヒューズボックスは京急1000形のキットからの融通です。
あくまで、阪神キットからそれらしくなので、パンタグラフ周辺は実車に即していません。
貫通路や妻板のデザインは無視です。

最初の4両は既にクーラーまで取り付け済みであったので、残りの4両も同様に先にクーラーを取り付け、後から屋上の汚れの表現をしました。
都営5000形の時の手法が感じよかったので、スミ入れ塗料を泳がせる方法をです。

屋上機器はダークブラウン。ついでに床下機器も

北総7250 42


床下機器はブラウンとダークブラウンを合わせています。


北総7250 43




誘導無線アンテナの色がちょっと失敗だった気がします。

北総7250 44


白い方がいいですね。


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック