快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

京急800形 登場時塗装復活!!

2016.10.12 (Wed)
京急823


32年の時を超えて デビュー当時の姿で走り出す!
800形 リバイバル塗装車両 登場
運行開始記念「貸切イベント列車」の運行や「記念乗車券」を限定販売します


1000形マイナーチェンジのニュースリリースと同時に発表されたのが800形登場時塗装復活のニュース

ちょっとデビュー時の姿の写真は用意できなかったので、ニュースリリースの写真の823号の現在の姿

思えば、窓周りを白くした塗装はこの800形から始まるわけです。
2000形の登場で、窓周り白はクロスシートの優等列車に譲り現在の窓下白線スタイルに。

その後オールロングは窓下白線、クロスシートを持つ車は窓周り白と棲みわけていきますね。
600形は改造を経てオールロングになってしまいましたが、車端のクロスを廃止してしまったSUS1000形は窓下白線スタイルですね。窓周り白のラッピングになるマイナーチェンジモデルは一部ですがクロスシートが復活しています。
シートのスタイルと塗装(ラッピング)のパターンのルールは今でも有効みたいです。







京急823+2068
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック