快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

TCON-17X+Stylus1s デジタルテレコンと比較する

2017.01.04 (Wed)
TCON-17X+Stylus1s_名鉄4007


テレコンレンズで1.7倍 換算510mm相当 実焦点距離109.3mmです。

でもOLYMPUSのカメラはデジタルテレコンがあります。

”デジタルテレコンは、被写体を使用しているレンズの倍率以上の大きさに拡大して、中央部を切り出して画像ファイルとして保存する機能です。
画像処理エンジンでデジタル補間され、出力し被写体が約 2 倍の大きさになります。”

オリンパスイメージング公式HP

光学テレコンいらないじゃんって気がしますが、実際に比べてみました。
TCON-17X+Stylus1s_名鉄4016_1

名鉄瀬戸線の三郷〜尾張旭の直線区間です。


TCON-17X+Stylus1s_名鉄4016_2



Stylus1sの300mm相当(実焦点距離64.3mm)

Stylus1s_300mm_名鉄


デジタルテレコンを使ってみます
600mm相当(実焦点距離64.3mm)

Stylus1s_300mm×2_名鉄

電車の大きさはほぼ一緒ですが背景の建物の大きさが大きくなっています
画像処理でデジタル補間されているとはいえトリミングして拡大してる感が否めません。


TCON-17Xを使ってみます
510mm相当(実焦点距離109.3mm)

TCON-17X+Stylus1s_名鉄

画像は劣化はしていないと思います。

少し距離のある時はぐっと寄せて撮れそうです。

あまり遠すぎると空気が揺らぐのでさすがにテレコンを使ってもうまく撮れません。
光学テレコン+デジタルテレコンは1020mm相当ですが”鉄道写真”には向かないと思います。



京急フェア 上大岡駅の帰り道

TCON-17X+Stylus1s_上大岡_1

TCON-17X+Stylus1s_上大岡_2

上大岡駅は撮影には向かないと思っていましたが、超望遠だと違った表情が見えます。

TCON-17X+Stylus1s_上大岡_3

TCON-17X+Stylus1s_上大岡_4
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック