快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

京急2000 ブルー空想トレイン

2010.01.05 (Tue)
京急2000キット


新年開けて、私自身はGMの京急1000形塗装済みキットを作る事にしたのですが、息子が半分以上手伝ってもらったとは言え、箱根登山鉄道を作った自信からまた何かに挑戦したいといい。

ストックから、コレを引っ張りだしてきました。

構想は、コレを青く塗り、2100形ブルースカイトレインの相棒として増結用2400形”ブルースカイトレイン”4連だそうです。

もちろん、息子は1年生なので、2扉の2000形は見た事はありません。

そこで、大人の私が空想に補足をするとすると、
「2000形の4連の一部のみ3扉工事を免れ快特増結用として2扉のまま、更新工事が行われました。
更新工事内容は内装を主に外装工事はスカートの装着、パンタグラフの交換等にとどまり、新製時の面影を残しています。
また、1編成は車体色をブルーに塗装し、600形、2100形に続き3本目のブルースカイトレインとして活躍しています。
2100形ブルースカイトレインと連結し12輛編成のブルースカイトレインとして活躍することもあります」

などと、設定してみます。
色を青にするのは決定しています。スカートやパンタグラフのシングルアーム化はまだ未定ですが、後からでもいいでしょう。

さて引っ張りだしてきたキットは
京急2000キット説明書

例によって、また古い仕様のキットです。(たぶん)
京急2000キット中身
京急2000キット床下機器パーツ

GMの京急2000キットですが、同封されている床下機器がリニューアルされたのか、ショップセレクトなのか、何パターンかあるみたいです。
実際、2100形を製作した際に使ったキットは違う床下機器が同封されていました。

このキットはオリジナルのものだと思いますが、空想トレインを作っていくので、あまり関係ないですね。






関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック