快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

北総9000形 カラー帯を纏う

2017.05.21 (Sun)
北総9000形_カラー帯_1

赤に引き続いてグレーと黄緑の帯を入れていきます

ちなみに説明書では最初にボディ全体をグレーを塗り、側面帯の部分と屋根をマスキングしてシルバー
半ツヤクリアーでシルバーを保護したら、マスキングして、赤と黄緑を塗る手順になっています
残ってしまったマスキングテープの糊は消しゴムを使うという作戦にしました
幸いシルバーは一部剥げてしまったものの、ボディにダメージは残りませんでした

剥げてしまったところは再塗装しました
再びマスキングの糊が残ってしまったら元の木阿弥ですが、その後は糊が残ることはなく無事でした

マスキングに問題なかったので、グレー、黄緑とのせていきます


最初にドア部分をマスキングしないで良い想定でドアを貼る前に個別塗装したのに
(カラー帯はドア周りをマスクしないで塗装したため)
ドア周りはシルバーに再塗装です。

ドア周りもドアに合わせてメッキシルバー
貼り付けてからマスクして塗っても一緒だったかも

北総9000形_カラー帯_2

光の加減でボディ周りとドアがだいぶ表現が異なって狙い通りです


次に客窓の周りをシルバーに戻します
これはキットに専用にマスキングが同封されていますのでこれを使用します

北総9000形_カラー帯_4

ただ、数が窓の分全数なく説明書にも複数回使い回しの指示なので予め全てを貼って塗装に臨めないのでこれはかなり面倒でした
一度使ったマスクの再利用がなんとも難しい


北総9000形_カラー帯_5


ここもメッキシルバーが良いと思いますが専用シンナーを使うメッキシルバーがちょっとめんどくさかったので面積も小さいので8番シルバーで


吹き足りていなかったりなどを筆で修正してカラー帯は完成です

北総9000形_カラー帯_3



関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック