快特でも快速でもいいじゃん

KQを中心とした鉄道模型(Nゲージ)のブログのつもりです。

京急1500形 屋根の基本塗装

2017.10.22 (Sun)
京急_1500形_クーラー塗装1


床下機器の次は屋根を作っていきます
基本屋根は大幅な作り変えはしません

IRアンテナの配管だけ作り変えます
京急_1500形_屋上配管1

GMのキットはIRアンテナの配管がアンテナのすぐ近くで埋め込まれる仕様です
今回作っているのは、それ以前の運転台上あたりまで配管が露出しているタイプです

電線をバラシた線でアンテナ配管を作りました

京急_1500形_屋上配管2

パンタグラフ周辺の配管のレリーフが細めなので、アンテナの配管はさらに細くしたいのですが、あんまり細いと難しいので、できる範囲で細い線で工作しました



京急_1500形_屋上配管3

アップで見ると特に受信側の2本の線が綺麗ではありませんが、雰囲気は出たのでよしとします


次に屋根全体の基本塗装をします

京急_1500形_屋根塗装

もともと、キットは塗装済みキットなので屋根板はグレーで彩色されていますが
実車は塗り屋根でもっと明るいグレーの印象があるので
灰色9号で下地のグレーを塗りつぶさない程度に離し目に吹いて全体を明るくしました
そのあと、グレーFS36231でグレーに戻しつつ不均一に仕上げました


京急_1500形_クーラー塗装2

今回、少しチャレンジしたのがクーラーの塗装です


ステンレスのクーラーキセの磨かれていない曇ったステンレス感を出したかったので
8シルバーに少し灰色9号を混ぜて塗ってみました

少し光沢感が抑えられて、若干白っぽくなるのを期待したのですが、
せっかくの粒状感の少ないシルバーが昔のギラギラシルバーのようになってしまい失敗でした

そこで磨くと金属感のメタルカラーステンレスでトップだけ塗り直し光沢感を少し戻しました

写真だとわかりませんが、トップの広い面積だけ金属感が戻りました


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック